家族信託で高齢者の資産管理をする(ftp)

高齢化の進展で、家族信託という資産管理の制度・手法が注目を集めています。まだあまり広く認知されていない家族信託とはどのような制度・手法なのか、なぜ注目されているのか、家族信託を利用するメリット・デメリット、および家族信託が利用されている事例について紹介します。

家族信託とは

家族信託とは、資産の管理を委託する委託者(高齢者など)が、委託者の資産の恩恵を受ける受益者(委託者の子どもなど)のために、受託者(家族など)が委託者の目的・意図に基づいて委託者の資産を管理・運用・処分することです。言い換えると、高齢となった家族の大切な資産を、家族のために、家族が管理する制度・手法のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です